マーケティング戦略

マーケティングでROI分析を行う時の基本と注意点

  • 最終更新日:2017/03/27

マーケティングでROI分析を行う時の基本と注意点

マーケティングを行う時は、その効果を測定しながら進めていく必要があります。運用している広告施策が上手くいっているのか、そうでないのかを知ることができるからです。効率的なマーケティング運用ができますし、軌道修正も素早くできるようになります。

ビジネスでは分野を問わず、投資対効果を知るための手法としてROI分析が広く使われています。本稿では、マーケティングでのROI分析の利用方法について解説します。ROI分析はどういったものなのか、ROI分析をマーケティングで使う時の注意点とはどういったところにあるのか。ROIを知らない方にもご理解いただけるよう、できるだけかみ砕いてご紹介していきます。

ROI分析とは?

はじめに、一般的なROI分析とはどいったものなのか解説します。

ROI分析とは、行った投資に対して得られた利益の割合を示しています。英語でのReturn On Investment(投資に対するリターン)を略した用語のことで、ビジネス上の重要指標の一つです。ROIは下の計算式で計算することができます。

ROI(%)=(売上-売上原価-投資)÷投資×100

計算式からわかるように、ROI自体の計算は難しくはありません。それでは、計算して求められたROIはどのように評価すればいいのでしょうか?

ROIの見方ですが、ROIの値が高いほど投資した資本あたりの利益が大きいということになります。つまり、投資対効果が高いということですね。一方で、ROIが低い場合は投資対効果が悪いことになります。事業を見直すなど、経営判断が必要ということになります。

ところで、ROIと似た言葉にROASがあります。言葉の意味が似ているのですが、混同しないようにしてください。どちらも投資に対する効果なのですが、ROIは利益を、ROASは売上を見ています。ROIと比較できるように、ROASの計算式についても載せておきましょう。

ROAS(%)=売上÷投資×100

ROASの計算式を見れば、上のROIとは異なることがご理解いただけるでしょう。

マーケティングでのROI分析

マーケティングでのROI分析

ROI分析はビジネス一般で使用されると述べましたが、マーケティングでも活用されています。マーケティングでも計算式は変わらず、下のようになります。

ROI(%)=(売上-売上原価-マーケティング投資)÷マーケティング投資×100

ROIの計算をしてみましょう。単価1,000円で原価500円のスマホケースを、1,000個販売したとします。それにかかったマーケティング投資が40万円かかっていたとします。この時のROIは、下の計算式のように25%となります。

ROI(%)=(1,000×1,000-500×1,000-400,000)÷400,000×100=25%

一般的なROIと同じく、マーケティングでROIを使う時も投資に対する効果を知るために使われます。リスティングなどのWeb広告の効果を測定したり、マーケティングの軌道修正をすることにも使われます。

マーケティングでROI分析を使う時の注意点

マーケティングでROI分析を行っていくに際して、注意すべきことがいくつかあります。最後にROI分析の注意点を2つご紹介しておきましょう。

ROIは指標として使う

ROIは指標として使うことが求められます。一度計算して終わり、ではなく定期的に計測してチェックしていくのです。ROIを継続的に見ていくことで、その時々でマーケティング施策が上手くいっているかを調べることができます。

そもそも、ROIは投資対効果を知ることで適切な経営判断をするための施策だとご説明しました。マーケティングでROIを使う場合も、それは同じ。行っているマーケティング施策が効果を上げているのかどうかを常に見ておき、適切な施策を打っていくのです。

ROI以外の指標と併用する

ROI分析は、投資対効果を明確に知ることができる手法です。ただし、ROIだけを見ていればいいというわけではありません。ROIは数ある指標の中の一つでしかないことを忘れないようにしましょう。

例えば、ROIは製品購入などの利益に対する指標ですが、利益をともなわないユーザーの反応を計ることはできません。問い合わせやサンプル品の請求などのことです。そういったケースについては、CPR(反応獲得単価)や引上率などの数字を見る必要があります。

マーケティングでは他に、ROASやLTV、CPA、CVRなどの重要な数字があります。こういった重要な指標についても漏れなく観察しながら、デジタルマーケティングに活かしていきましょう。

まとめ

ROI分析の基本から、マーケティングでROIを使う時の注意点についても解説しました。今回紹介した以外にも、さらに他の指標と併用することで、より深い分析が可能になります。

なお、デジタルマーケティング業界では、ROI非常に優れた手法としてコンテンツマーケティングが注目されています。当メディアでもコンテンツマーケティングの実践方法の中で、概要から導入までのフローを紹介していますので、本稿で紹介した内容をぜひ実践してみてください。

マーケティング戦略

RELATED