デジタル広告

リスティング広告とは?基礎知識やメリット/デメリットまとめ

  • 最終更新日:2017/02/17

リスティング広告とは?基礎知識やメリット/デメリットまとめ

Web広告の中でも、リスティング広告は投資対効果の高い手法として知られています。マーケティングの一貫として取り組むことも多いのですが、正しく運用できているケースは意外と少ないでしょう。

リスティング広告を正しく運用できていない理由は何なのでしょうか?一言で言ってしまえば、その特徴やメリット、デメリットについてしっかりと理解していないから。他のマーケティング手法との違いも把握しつつ、適材適所で活用していくことも必要なのです。

本記事のテーマはここにあります。より効果的にリスティング広告を使っていくために、リスティング広告の基礎知識についてまとめています。これからリスティング広告に取り組むビギナーの方だけでなく、すでに実務で運用しているマーケターにもおさらいとして参考にしていただければと思います。

リスティング広告の基礎知識

リスティング広告の基礎知識

まずは、リスティング広告の基礎知識からご紹介していきましょう。他のWeb広告との違いについても解説しているので、併せて参考にしていただければと思います。

Web広告の種類

リスティング広告について解説をする前に、Web広告の各手法についてザッと確認しておきましょう。

Web広告には、本記事のテーマであるリスティング広告の他にも、さまざまな手法があります。ASPを介して広告を配信するアフィリエイト広告や、FacebookやInstagramなどのSNS広告、バナー広告、リターゲッティング広告など多岐に渡ります。

それぞれ特徴が異なるので、自社のリソースやシーンに応じて最適な手法を使い分けていく必要があるということです。中でも、リスティング広告は投資対効果の高い方法としてWebマーケティングでは頻繁に利用されています。

リスティング広告の概要

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索されたときに表示されるWeb広告のことです。

ユーザーは、キーワードを入力してGoogleやYahoo!で検索を行いますよね。リスティング広告は、この検索キーワードに対して、関連する広告を配信する仕組みになっています。

リスティング広告は、クリック型課金のサービスです。広告が表示されただけでは課金がされず、ユーザーが広告をクリックしてはじめて料金が発生します。

リスティング広告のメリット、デメリット

概要が確認できたところで、リスティング広告のメリットとデメリットについてご紹介します。効果的にリスティング広告を運用していくためにも、しっかりと理解しておくようにしましょう。

メリット

まずはメリットから。リスティング広告の最大のメリットは、ターゲットに的確にリーチできることでしょう。上で述べたように、リスティング広告はユーザーが入力したキーワードに対して広告が表示される仕組みです。つまり、キーワードを適切に選べば、広告を見て欲しいユーザーだけにリスティング広告を出すことができるのです。

また、リスティング広告はクリック型課金と述べました。キーワードの選び方にもよりますが、一般的にクリック単価は数十円から数百円ほど。リスティング広告が費用対効果に優れていると言われるのは、こういったところにもあるのです。

もう一つ上げるとするなら、短期間で成果を出せることがあります。リスティング広告は、基本的には出稿したらすぐに配信が開始されるサービスです。短期的に成果を上げたい場合に向いていますし、イベントや時期の限られる商材にも最適だと言えるでしょう。

デメリット

リスティング広告のデメリットについても確認しておきましょう。一つは、運用に手間がかかることがあげられます。ターゲットとするキーワードを選定したり、運用をしながら改善をしていく必要もあります。社内で運用体制を整えるか、リソース面で難しいのであれば外注に依頼することも検討する必要があるでしょう。

また、クリック単価が上昇してしまうという危険性もあります。リスティング広告が費用対効果に優れていると言われているのも、クリック単価が低いことが理由。クリック単価が上がってしまったら、そもそもリスティング広告にかかるコストも上がってしまうのです。

こういったデメリットも踏まえると、運用にかかる実費をほとんど考えなくていいコンテンツマーケティングは強い味方になってくれることでしょう。リスティング広告を実施する時は、オウンドメディアなどのコンテンツマーケティングも併用しながら、両者を上手に使い分けていくことが求められます。

まとめ

リスティング広告の基礎知識についてご紹介しました。リスティング広告はWebマーケティングでは必須の施策と言えますが、ポイントを押さえて使っていかないとただ単にコストを消費するだけになってしまいます。リスティングを実施する時は、この点を忘れないようにしましょう。

なお、リスティング広告で成果を上げるためのポイントについては、「着実にリスティング広告の効果を上げるポイント7箇条」でまとめています。

デジタル広告

RELATED