デジタル広告

着実にリスティング広告の効果を上げるポイント7箇条

  • 最終更新日:2017/02/17

着実にリスティング広告の効果を上げるポイント7箇条

リスティング広告は、Webマーケティングでは王道とも言える方法の一つです。広く使われているにも関わらず、間違った使い方をしているケースも散見されます。その理由は、リスティング広告で成果を出すためのポイントが知られていないことが主因でしょう。

本稿では、リスティング広告の効果を上げるためのポイントを7つにまとめています。ご紹介するポイントは、どれも導入が難しいものではありません。リスティング広告で成果を出していくためにも、ぜひ参考にしていただければと思います。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは?

はじめに、リスティング広告とはどういった広告なのか簡単に復習しておきましょう。

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示される広告のこと。検索結果の上部(下部)や、右側の余白部分に表示されていることが多いです。費用対効果に優れている手法の一つで、Webマーケティングではたびたび用いられます。

リスティング広告について、より詳しくは「リスティング広告とは?基礎知識やメリット/デメリットまとめ」で解説しています。リスティング広告のメリットやデメリットについてもご紹介しているので、併せて参考にしていただければと思います。

リスティング広告で成果を上げるためのポイント7箇条

さて、ここからが本題。リスティング広告は費用対効果が高いとは言っても、しっかりとポイントを押さえて実施していく必要があります。それにより、さらに高い効果を出していくことも可能になるのです。

リスティング広告で効果を上げるためのポイントを、7つに絞ってご紹介していきましょう。

目的を明確にする 

これはリスティング広告に限った話ではありませんが、目的やゴールは必ず設定しておくようにしましょう。可能であれば、具体的な数字を入れておくようにしてください。これによって、運用時に達成度を測ることができるようになります。

ターゲットごとに広告を出す

リスティング広告は、ターゲットごとに別々の広告を出すようにしてください。例えば、案件化の可能性の高いユーザーとそうではないユーザーとでは訴求方法も変わってきますよね?ユーザーをセグメント化して、それぞれに合った広告を出していく必要があるのです。

キーワードが最も重要

リスティング広告は的確にターゲットにリーチできる強みがありますが、それも適切なキーワードが選択できていればの話。キーワード設定は慎重に行い、効果を測定しながら柔軟に変更していく必要もあるでしょう。

キーワード選びに使えるツールとしては、Googleアドワーズが提供しているキーワードプランナーが代表的です。キーワードプランナーでは、キーワードごとに検索ボリュームや推奨入札単価などの情報を見ることができます。

※ただし2016年8月9日以降、Googleアドワーズにて広告運用がされていないアカウントでは大まかな検索ボリュームしか取得できない仕様に変更されているのでご注意ください。

キーワード プランナー

検索ボリュームの小さいニッチなキーワードは、競合も少ないため結果が出しやすいと言えます。ただし、大きな成果に結びつけることは難しくなります。商材や競合を踏まえつつ、最適なキーワード選びをしていくことが肝要です。

広告文にはキーワードを含める

リスティング広告の広告文には、選択したキーワードを含めるようにしましょう。Googleでは、検索クエリと一致したキーワードは太字で表示される仕様になっています。ユーザーへのアピールにもなるので、上手く盛り込むようにしましょう。

一般的に、広告文の前半にキーワードを盛り込むことがポイントです。その他にも、広告文にはいくつかのコツがあります。期限を書いたり、記号を使って見やすくするケースもあります。いろいろと工夫をしながら、最適な広告文を作っていってください。

継続的に効果測定をする

リスティング広告は出稿して終わり、ではありません。広告を出してからも、継続的に効果を見ていかなければいけません。後述するように、リスティング広告は継続的に改善していくことが必要です。また効果測定をすることで、目標への到達度合いもわかるようになります。

PDCAをまわす

リスティング広告は、非常に軌道修正がしやすい施策です。すぐに広告がはじめられますし、成果が見られない場合は素早く改善をしたり、終了したりもできます。

リスティング広告を運用する際は、効果を見ながら、継続的に改善をしていくようにしましょう。いわゆるPDCAサイクルをまわしながら、より成果が出るよう広告をブラッシュアップしていくのです。

A/Bテストを行う

リスティング広告は、広告文とLPの組み合わせからなることが多いです。この2つには、A/Bテストを行っていくことがオススメです。

A/Bテストとは、2つ以上のパターンを用意して、どちらがより成果につながるのかを調べる方法のこと。上で述べたPDCAの一つの方法として、検討してみてください。

まとめ

リスティング広告で効果を上げるためのポイントについてご紹介しました。おすすめは、チェック項目としてリストにまとめておくことです。日ごろの業務でリストを確認しながら、リスティング広告を最適化していくようにしてください。

デジタル広告

RELATED