マーケティング戦略

3C分析がマーケティングで重要な理由と効果的な活用方法

  • 最終更新日:2016/07/14

3C分析がマーケティングで重要な理由と効果的な活用方法

マーケティングで重要なことは、自社や競合について理解しておくことです。競合と比較した時の自社の強みや弱みを把握しておかなければ、成功は期待できないでしょう。また、製品やサービスを投入する市場についても調査をしておく必要があります。

本記事では、マーケティングの基本とも言える3C分析についてまとめています。3C分析を行うことの目的や、その方法についても解説しています。

3C分析に取り組むことで、デジタルマーケティングの成功確率を高めることができますし、事業の方針を決める時の参考にもなるので、マーケティング担当者であれば3C分析は使いこなせるようになっておきましょう。

3C分析とは?

はじめに、3C分析とはどういったものなのか解説します。

3C分析とは、マーケティングの基本とも言える手法の一つです。新規事業を検討する時や、製品やサービスの開発など、3C分析が活用されている場面は非常に多いです。

3Cが意味しているのは、Customer(顧客、市場)Competitor(競合)Company(自社)の3つ。このイニシャルを取って3Cと名付けられています。

3C分析の目的

3C分析で使うのは、顧客、競合、自社の3つの軸。ここから市場環境を分析して、最終的に重要成功要因(Key Success Factors、KSF)を導き出すことを目的としています。

なぜ重要成功要因を導き出さなければいけないのでしょうか?それは、製品やサービスが上手くいくかどうかを重要成功要因が握っているからです。重要成功要因が間違っていたら、どんなに優れた戦略を立てても、どんなにマーケティングに予算をつぎ込んでも成功は難しいのです。

ファッション業界を例に出して、具体的に見ていきましょう。3C分析の3つのCについて、分析の軸を考えてみます。

  • 「市場からのニーズはあるか?」(顧客、市場)
  • 「他社と比較して広告戦略は優位か?」(競合)
  • 「自社のブランド力は?」(自社)

この分野では、ブランドや広告戦略が事業の成功を左右していることがわかります。それがすなわち、重要成功要因なのです。ブランドや広告戦略を考え、他社との差別化は可能か、ニーズはあるのかを突き詰めていくのです。

このように3C分析の3つの軸を使いながら、自社の強みや競合について、また顧客や市場について理解する。そこから重要成功要因を洗い出して、商品戦略や事業戦略に活かしていくのが3C分析の目的なのです。

3C分析の方法

3C分析とは?

それでは、3C分析の方法について入っていきましょう。3つのCについてそれぞれ考えたのち、重要成功要因を検討していきます。

他の手法と組み合わせることで、より正しく効率的な分析もできます。そちらについても、併せてご紹介していきます。

顧客、市場(Customer)

その商品やサービス、事業内容に対するニーズがあるのかを考えます。Googleトレンドを使ってたくさん検索されているワードを調べてもいいですし、FacebookやTwitterなどのSNSで流れてくる書き込みを参考にしてもいいでしょう。それ以外にも、アンケートやヒアリングなどのアナログな方法も参考になります。

PEST分析や5フォース分析など、他の手法と組み合わせてもいいでしょう。PEST分析とは、市場が影響を受ける4つの軸(Politics:政治、Economy:経済、Society:社会、Technology:技術)を使ったマクロ分析の手法です。5フォース分析とは、5つの競争要因(フォース)に注目しながら行うミクロ分析の手法になります。

PEST分析については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひそちらもご覧ください。

PEST分析の基本と外部環境(マクロ環境)を把握する方法

競合(Competitor)

競合について調査をします。他社の製品やサービスを利用したり、優れている点やそうではない点をリストアップします。競合製品のシェアについても調べておきましょう。

また、競合のホームページやランディングページを調べることもオススメです。キーワードなどのSEO情報を見ることで、競合のターゲットや方針について知ることができます。

競合の分析では、SWOT分析と併用することが多いです。SWOT分析とは、4つの軸(Strengths:強み、Weaknesses:弱み、Opportunities:機会、Threats:脅威)を使った分析手法のこと。競合の弱みや脅威を知り、自社の差別化要因についてもハッキリとわかるようになります。

SWOT分析についての詳細は「マーケティング戦略の要!SWOT分析の基本と手順」で解説しています。

自社(Company)

自社の強みについてまとめます。競合と同じく、SWOT分析と併用するといいでしょう。

他社と比較した時の自社が勝っていることや、競合製品と比較した時の自社製品が良いところを洗い出します。関係者だけで考えるのではなく、第三者の意見も参考になります。アンケートやモニター、レビューなどのことです。

まとめ

マーケティングの基本フレームワークである、3C分析について解説しました。3C分析はそれ単体で使うのではなく、他の手法と組み合わせて上手に使っていきましょう。

マーケティング戦略

RELATED